自分自身を冷静に見極める

今の時代、誰でも一度や二度の転職は当たり前のようになっています。私自身も転職の経験があります。今にして思えば少しあせりすぎたなと思う面もあるのですが、人生における貴重な財産になったと思っています。
自分の経験からいえる一番重要だと思うことは、「市場における自分の価値を冷静に判断する」という事です。誰だって同じ会社に何年も在籍すればできる仕事も増えますし社内の知り合いも増え、仕事自体もやりやすくなります。それで自分本来の能力以上に仕事ができると勘違いしてしまう事が多いのではないでしょうか。現に私自身がそうでした。新しい会社に入社するまで、何でも仕事ができるような気がしていたのです。そして大変苦労しました。
新しい会社では誰でもゼロからのスタートです。自分の能力を冷静に見極める時間を十分に持つことが、転職を成功させる最大のポイントだと思います。

人材紹介会社のサポートを受けよう

転職を考えたならばぜひとも活用したいのが、人材紹介会社。

 

企業と求職者との間にたって、企業の求める人材を求職者のなかから人選し、面接までのアレンジをしてくれる会社です。

 

それぞれの人材紹介会社に得意とする分野があるようですので、

 

まずは自分の希望する分野に強い人材紹介会社を探してみましょう。

 

一般には出回らない求人情報も持っていることが多く、自力での求職活動では見つけられないような求人情報も案内してくれます。

 

それまでのキャリアをみて、次の就職に生かせそうな分野についてのアドバイスなども受けられます。

 

なによりも、一緒に求職活動を進めててサポートしてもらえる、という感覚を得られるのがありがたいです。

 

面接でのコツや履歴書や職務経歴書へのアドバイスなど、自分では気づけなかった様々な注意をしてもらえます。

 

自分のキャリアにぴったりな人材紹介会社をみつけたら、それは大きなチャンスにつながりますよ。


このページの先頭へ戻る